老化のケア|愛すべきニャンコの健康のために!猫の薬の種類と使い方

愛すべきニャンコの健康のために!猫の薬の種類と使い方

老化のケア

カプセルと錠剤

猫の薬を使って病気の治療、あるいは予防をしてあげることも大事ですが、長く一緒のときを過ごす飼い猫の面倒を見るときには「老化」に対する備えも不可欠です。猫の薬を使い、老化する猫がそれによって病気になってしまったりすることを防ぎましょう。
人の場合は、年齢を重ねると体の至るところで機能が低下して、たとえば目がかすんできたりすることがありますが、猫の場合もそれは同じです。目や耳の機能が低下してしまうことがあります。特に目は、白内障などを患ってしまうと厄介ですから、しっかりケアしてあげることを考えましょう。
目のケアをすることができる猫の薬としては、見た目的には私たちが使うのと同じ点眼薬、つまり目薬が挙げられます。目薬をさすことによって目の老化をおさえ、白内障などのリスクを減らしてあげるのです。
猫の薬として販売されている目薬は、たとえば抗酸化成分が主成分となっている目薬です。「酸化」とは「老化」と同じ意味の言葉で、要するに酸素にさらされることによって起こる変化のことをいいます。鉄製のものを野に放り出して何日も、何ヶ月も、何年もそのままにしておくと錆びますが、あれも鉄が「酸化」を起こしてしまった結果です。同じように、猫の目も酸化を起こしてしまい、角膜が濁ったりしてしまいます。そこで、そのような現象を防ぐために抗酸化、つまり酸化に対する抵抗力を持っている成分を含んだ目薬を使ってあげるのです。歳をとって目ヤニがよく出るようになった、そんな変化があるときは猫の薬を販売する通販サイトで商品をチェックしてみましょう。