愛すべきニャンコの健康のために!猫の薬の種類と使い方

オレンジ色の錠剤

フィラリア症の予防薬

猫の薬の中でも、特に大切なものは「フィラリア症」という病気の予防薬です。犬や猫がかかる病気のうちでも最も厄介な部類に入る病気なので、しっかり薬を使って予防してあげましょう。

茶色の薬

コンテンツ一覧

「愛すべきニャンコの健康のために!猫の薬の種類と使い方」の記事一覧です。

猫の薬の種類について

たくさんの薬

何かにつけて可愛い猫。人間のオバサンが怒っている姿はなかなか目のやり場に困るものですが、人間で換算するとオバサンにあたる10歳くらいの猫が怒っている姿は、それさえも可愛らしく見えるものなのです……もちろんストレスは猫の毒ですから、わざと怒らせちゃいけませんよ!
そんな可愛いニャンコですが、私たちと同じように彼ら、彼女らも病気をすることがあります。くしゅん!とクシャミをすることもありますし、あるいは私たちがかかる病気とは根本的に違う病気になってしまうこともあります。ニャンコを愛する私たちとしては、そのこともきちんと考えてあげなければいけないでしょう。
たとえば、病気の治療薬や予防薬といった薬を用意してあげることによって……。
しかし、猫の薬は「治療薬」にせよ「予防薬」にせよ、私たち人間が使うものとは根本的に異なります。
猫の病気を治療したり予防したりするためには、「専用の薬」が必要なのです。

ここでは、そんな猫の薬にはどのようなものがあるのか、それぞれどんな病気に対応しているのか、どんなふうに使ったらいいのか……といったことについて取り上げたいと思います。猫の薬は動物病院で獣医さんに処方してもらえるほか、猫の薬をはじめ犬の薬などペットにあげるべき薬をラインナップに並べている通販サイトを利用することで購入できます。通販では、獣医さんのところで扱っている薬よりも安く買えるものを購入できます。経済的負担を軽くしたい人、「忙しくてニャンコを病院に連れていくヒマがない」という人にもオススメの方法です。